スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
さよなら春の日
どうもどうも、ごぶさたしています、ヒツジガールです。
なんだか天気も落ち着かない春の日、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

さて、作業に手間どって、ご報告までにかなり時間がかかってしまったのですが、
いろいろと考えた結果、別のブログで、ほそぼそと続けていくことにしました。

Jugemのシンプルさが好きだったのだけれど、年末に急にシステムが変わって、
記事下の広告が外せない設定になってしまったり、わたしのほうも4月から環境が
変わって新しい気持ちで始めたい気持ちもあって、またあたらしいスタートです。

あたらしい仕事がありえない忙しさだったり、Twitterでもモソモソやっていることもあって、
今まで以上にのんびりゆったりした更新になる予定ですが、よろしければ今後ともよしなに
お付き合いいただければと思います。Jugem分も、随時こちらのブログに移行予定です。

http://d.hatena.ne.jp/schafmann/

ではでは、ドウゾよろしく。

2010.04.18.
ヒツジガール
memo | comments(24) | -
『ゴールデン・スランバー』
公開前からたのしみにしていた『ゴールデン・スランバー』、観にいってきました。
前評判がよかったので期待して観にいったんだけど、想像以上におもしろかった。

目まぐるしく変わる展開、誰が敵で味方なのかわからないまま犯人のシナリオに飲み込まれ、
自分の知らないところで殺人犯に仕立てられていく。次から次へとスリリングに変わる展開に、
学生時代の絆とか、帰るべき場所、みたいな話が相まって、たくさん笑ったり、ハラハラしたり、
しんみりしたり、ウルッとしたり、忙しいんだけど、ホントに息つく暇もないほどおもしろかったー。

突拍子もない展開もあるし、伏線を張りすぎて、最後までもやもやが残っちゃったりもするけど、
あの濃ゆすぎる周りの登場人物たちと(濱田岳が今回も最高)、ウィットのピリリと利いた会話劇、
ドキドキめまぐるしく変わる展開の連続をもってすれば、十分おつりがくる気がする。すごいなあ。

観ているうちにいろんなところが繋がっていって、最後にはちゃんと笑いも救いもぬくもりもあって、
やっぱり中村義洋監督ってうまい。花火のエピソードとかもうねー。いろいろきゅんきゅんだよねー。

堺雅人も地味ィ主役でよかった。ほのぼのしてて、とぼけてて、とことんいい人がハマり役。
ガッツリ映画を観たぞっていう実感が、全身で味わえる、極上エンターテイメント映画でした。

movie | comments(2) | -
『越境する天使』
いつも行く本屋のアート本コーナーで、大学時代の恩師のひとりの新刊をみつけて、
思わずぎゅっと息が止まってしまった。宮下誠さんが亡くなられたそうだ。享年49歳。

いわゆるカルスタ寄りのドイツ系美術史のパイオニアで、新進気鋭の学者だった。
どれも容易に理解できる理論じゃなかったけど、すごく大きな影響を受けた人。

ゼミをさぼってまで3年間講義に通った先生なので、いろんな思い出がよぎって溢れてくる。
穏やかな物腰で、カミソリみたいに鋭い眼をもった人だった。助言はいつも簡潔で的確だった。

副題は"Paul Klee, die überschreitende Engel"、先生の専門であるクレーが遺作に
なったのは偶然か必然か、まだ語るべきことはたくさんあったに違いないのに、残念でならない。

本の感想は追ってまた書きます。まだ気持ちの整理がつかなすぎる。ご冥福をお祈り致します。

book | comments(0) | -
『(500)日のサマー』

もうずーっと観にいきたかった、『(500)日のサマー』をようやくようやく観てきました。

なんだろう、甘くてせつなくて、エキセントリックでドリーミングで、ちょっとほろ苦くて、
とにかくキュートでかわいらしい話だったなあー。ほんわかしちゃった。

ホントにアメリカ映画なの?ってくらい、運命を信じる男子と、不思議ちゃん系女子の、
恋がはじまるまでのプロセスが、あくまで男子(乙女寄り)目線で丁寧に描かれていて、
初期特有のドキドキ感とか、IKEAデートとか、お気に入りの公園を案内するところとか、
トムと一緒になってキラキラしちゃう。サマー役のズーイー・デジャネルも超かわいいの。

もうとにかく、主人公・トムの発想がすっごい乙女で(笑)、それわかるよーって共感したり、
苦笑したり、失恋のみっともなさに切なくなったり。男子版アメリみたいな感じなんだけど、
女子のほうが地に足ついてるってところが、2010年ぽくて、逆にリアルだなーと思う。

下手するとモサい話になっちゃうところを、軽妙洒脱に、POPで品よくまとめていて、
俳優さんも衣装もインテリアも、ちょっとレトロでクラシックな感じが、絶妙なサジ加減。

音楽もセンスよくって秀悦なので、ぜひ。きゅんきゅん。
movie | comments(0) | -
女子おんせん
大学時代のともだちの誘いで、会津若松に女子おんせんにいってきました。
卒業旅行のメンバー4人が6年ぶりに集まって、ひっさびさで、たのしかった。

あいにくの大雪で高速も通行止めになっちゃって、急遽雪山を越えることになったり、
すぐ車酔いできるのが特技のわたしはたいへんでしたが、つもりつもった話をしたり、
歌うたったりして乗り切りました。スーパードライバーだったAちゃんには大感謝です。

会津は想像以上の雪で、予定も大幅に狂ってしまったけど、念願の田楽をたべたり、
わっぱめし食べたり、6年前と変わらず喰いだおれ珍道中でした。夜の女子トークに
早くも脱落して、ささっと寝ちゃっててすいません。でも、2日間ちょうたのしかったよ。

おみやげに作家さんのマグを買いました。淡い色合い、かつ素朴な感じで気に入ってます。
抹茶ラテとかスープが似合いそうな口の大きい器なので、冬のうちにたくさん使いたいなー。

travel | comments(0) | -
Categories
Search this site
Advertisement
Twitter
Read More?
あわせて読みたいブログパーツ